日本全国☆都市部の賃貸物件事情

神奈川県のファミリー向け賃貸物件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神奈川県は、東京に通勤通学する人にとって魅力的なところで、千葉、埼玉に比べるとオシャレなイメージで人気があります。
昔のドラマ「金妻」の影響もあったのでしょう。
独身向けというよりは、ファミリー向けといったところです。
田園都市線はセレブな雰囲気を漂わせています。
では、神奈川県でファミリー向け賃貸マンションをご紹介しましょう。
横浜市鶴見区馬場、東急東横線「菊名駅」徒歩17分のところにあります。
家賃8.5万円、管理費3,000円です。
2DK、43.97、築19年です。
設備・条件を見てみますと、鍵の交換を希望すると18,900円掛かります。
公営水道・都市ガス・下水・専用バス・専用トイレ・バストイレ別・シャワー・ガスコンロ・給湯・洗髪洗面化粧台・エアコン・バルコニー・インターネット対応・駐車場あり、となっています。
この位の間取りだと、小さい子供がいることが多いので、駐車場は必要でしょう。
神奈川県には、借上公共賃貸住宅というものがあります。
これは、民間の土地所有者が建設した良質のマンションタイプの住宅を、県が一定期間(20年間)借上げて、県民に提供している制度です。
入居者の収入に応じて、県が家賃の一部について助成します。
主に、3LDK・65以上で、ゆとりある快適な間取りとなっています。
また、礼金・更新料は一切不要です。
では、借上公共賃貸住宅を具体的に見てみます。
藤沢市大庭、東海道本線(東日本)「辻堂駅」徒歩2分のところにある物件です。
家賃7.14万円、敷金3ヶ月です。
3LDK、65.57、築8年です。
前述の物件に加えて、洗面所にドア・CATV・光ファイバー・フローリング・シューズボックス・収納などの設備・条件があります。
子育て世帯には助かる制度です。

お勧めの賃貸情報

Copyright (C)2017日本全国☆都市部の賃貸物件事情.All rights reserved.